旅 1595 柏正八幡宮  と 最古のリンゴ樹

2017年 7月28日 柏正八幡宮  と 最古のリンゴ樹  青森県は日本一のリンゴの産地として知られる。私の故郷の長野県もリンゴの産地として有名だが、生産量で大きく水を開けられている。しかし、青森県と長野県はリンゴの二大産地であることには変わりはない。  津軽を旅していても、りんご園が広がるのを見ると心が落ち着き、何だか故郷に…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1594 浪岡八幡宮  浪岡城跡  北畠氏累代の墓

2017年 7月28日 浪岡八幡宮  浪岡城跡  北畠氏累代の墓  弘前から青森ヘ向かう国道7号線の中間に道の駅「なみおか」(アップルヒル)がある。今回の津軽の旅でも、翌年の北海道への旅の前後でも車中泊した道の駅である。  その道の駅「なみおか」の東には浪岡城跡があり、北畠顕家の流れをくむという名族・浪岡北畠氏の居城であったと…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1593 弘前神明宮

2017年 7月28日 弘前神明宮  弘前城の東北から東側を廻っているが、最後に神明宮(弘前市東城北)へ寄った。  神明宮は東隣の八幡宮(八幡町)などと共に弘前城の鬼門(東北)を守護していたようだ。  神明宮のある東城北から西には西城北を挟んで春日町があり、そこには春日宮があるようだ。春日宮、神明宮、八幡宮、熊野奥照…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1592 和徳稲荷神社

2017年 7月28日 和徳稲荷神社  弘前城の東北から東方面を巡っている。  東照宮(笹森町)のすぐ東を土淵川が流れていたが、その土淵川の少し下流の和徳町に和徳稲荷神社がある。和徳稲荷から土淵川を隔てた北西に熊野奥照神社(田町)がある。  弘前城は西の岩木川と東の土淵川の間に築かれ、それぞれの川は天然の外堀の…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1591 東照宮 と 薬王院 (弘前市笹森町)

2017年 7月28日 東照宮 と 薬王院 (弘前市笹森町)  朝から弘前八幡宮、熊野奥照神社と廻り、東照宮と薬王院へやって来た。この後は和徳稲荷神社、弘前神明宮と廻るつもりである。  東照宮の本殿は、昭和28年11月14日に重要文化財(国指定)に指定され、今は弘前市が管理している。  以前は拝殿もあったというが…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1590 熊野奥照神社

2017年 7月28日 熊野奥照神社  弘前八幡宮の次に、熊野奥照神社(弘前市大字田町四丁目)へ行った。  上の地図は上が東になっている。  弘前八幡宮、熊野奥照神社、弘前神明宮は共に弘前城の鬼門方面の鎮守の役割があったのだろう。 現地説明板より 『 重要文化財 ​熊野奥照神社本殿  一棟​ …
コメント:0

続きを読むread more

旅 1589 弘前八幡宮

2017年 7月28日 弘前八幡宮  朝一番で弘前八幡宮(弘前市八幡町1-1-1)へ行った。  地図には、弘前八幡宮だけでなく、その後に訪れた熊野奥照神社や東照宮・薬王院、和徳稲荷神社、弘前神明宮の場所も赤○した。 現地説明板より 『 御祭神    誉田別尊(応神天皇)    気長足姫尊(…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1588 御幸公園(黒石城跡)

2017年 7月27日 御幸公園(黒石城跡)  今日の最後の訪問地を黒石城跡とした。  黒石藩は立藩したのも遅かったので、城も陣屋づくりで平屋建てであったようだ。  中世の浅瀬石川流域の中心は、千徳氏の浅瀬石だったが、津軽為信の津軽統一によって新たに黒石がこれにかわったという。それも初めは境松付近に黒石舘とし…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1587 古懸不動(国上寺) と 道の駅「いかりがせき」

2017年 7月27日 古懸不動(国上寺) と 道の駅「いかりがせき」 古懸山不動院国上寺  大円寺(南津軽郡大鰐町蔵館)から南下して古懸山国上寺へやって来た。国上寺を参拝した後は、道の駅「いかりがせき」へ寄った。  大鰐から国道7号線(羽州街道)を南下して長峰、唐牛(かろうじ)を過ぎると平川をへだてて東に古…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1586 大円寺

2017年 7月27日 大円寺  堀越城跡、石川城跡(大仏公園)、乳井神社と廻った後、大鰐町にある大円寺にやって来た。  神岡山大円寺(南津軽郡大鰐町蔵館字村岡)は、大鰐温泉郷にある高野山真言宗の寺院で、通称は「大鰐の大日様」と呼ばれる。  弘前からJR奥羽本線や国道7号線(羽州街道)で30分ほどで温泉とスキーで知…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1585 乳井神社

2017年 7月27日 乳井神社  石川城跡(大仏公園)の後に、乳井神社(弘前市大字乳井字外ノ沢)へ行ってみた。  岩館から乳井にかけては鎌倉末期から南北朝時代の板碑がいくつもあり、五輪堂と呼ばれる地は曽我氏の墓地だったと伝わる。これらの板碑はいちおう板の形状はしているが、関東地方の青石塔婆とはだいぶ趣が違うという…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1584 堀越城跡  石川城跡

2017年 7月27日 堀越城跡  石川城跡 堀越城跡  津軽氏が弘前城へ移る前の17年間居城とした堀越城跡(弘前市堀越字川合・柏田)へ行ってみた。城跡には熊野神社があった。  堀越城跡は国道7号線のすぐ横にあった。東に平川が流れている。字「川合」の名は平川へ大和沢川が合流する地点だから付いた字名であろう。 …
コメント:0

続きを読むread more

旅 1583 生魂神社  胸肩神社(弁天堂)  田舎館村田んぼアート

2017年 7月27日 生魂神社   胸肩神社(弁天堂)  田舎館村田んぼアート   青森県に入っての一泊目(7月19日)は道の駅「いなかだて」であった。そこにある田舎館村埋蔵文化財センターで田舎館遺跡のことを学んだ。  田舎館遺跡は弥生の水田跡であり、そこから田舎館村の村おこしの古代米などを使った田んぼアートの発想が生ま…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1582 大光寺城跡

2017年 7月27日 大光寺城跡  昨日、弘前城跡を訪れたが、現存する城門の中で北門(亀甲門)が一番立派であった。  この北門(亀甲門)は大光寺城(現・平川市)の城門を移築したというので、大光寺城跡に行ってみることにした。  大光寺城跡は何もないようだが、場所の確認だけでもしておきたかった。    大光寺城跡へ行く…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1581 弘前城跡

2017年 7月26日 弘前城跡  今日一日は、城南と城西を中心に廻ってきたが、最後の訪問地を弘前城跡にした。  弘前市役所や市立観光館のある南方の駐車場に車を入れたのは、午後2時半頃であった。周辺は工事が行われていて新庁舎でもできるのだろうか。西には岩木山が見えた。  旅に出ると目的の場所を廻ることを優先して、食…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1580 熊野宮(弘前市茜町)

2017年 7月26日 熊野宮(弘前市茜町)  革秀寺のブログで次のように書いた。 『 このあたりは岩木川にのぞむ景勝地で、岩木川はもとこの地点から3kmほど上流の樋ノ口で二筋に分かれ、一筋は現在と同じ流れ(駒越川)、一筋は長勝寺の崖下から本丸の西を流れ(樋ノ口川)、富士見橋の下流で合流していた。たびたび氾濫したので168…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1579 革秀寺

2017年 7月26日 革秀寺  藩祖津軽為信の軍師と言われた沼田面松斉の墓碑がある誓願寺のあとは、為信の墓があるという革秀寺へ行ってみた。  革秀寺(かくしゅうじ)は、弘前市藤代にある曹洞宗の寺院で山号は津軽山。本尊は釈迦牟尼仏(釈迦如来)。津軽為信霊屋と本堂が重要文化財に指定されている。  寺の前には池があり、…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1579 誓願寺(弘前市新町)

2017年 7月26日 誓願寺(弘前市新町)  誓願寺には重文の山門があるというので行ってみた。ここは弘前城の西側にあたる。  山門は立派であったが、想像したものよりも小さかった。 現地説明板より 『 重要文化財 誓願寺 山門  この山門は京都誓願寺山門を模し江戸時代中期建立されたと推定されているものであ…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1577 万蔵寺 普門院 天満宮

2017年 7月26日 万蔵寺 普門院 天満宮  長勝寺を参拝した後、禅林街で2~3寺社を訪ねることにした。  選んだのは、万蔵寺、普門院、天満宮とした。  万蔵寺は長勝寺の銅鐘(重文)を寄進した寺で、唐糸伝説がある寺である。  普門院は津軽三十三霊場の33番札所である。 天満宮は大行院跡に建てられたという。 …
コメント:0

続きを読むread more

旅 1576 長勝寺 (弘前市西茂森)

2017年 7月26日 長勝寺 (弘前市西茂森)  新寺町の報恩寺から西茂森の禅林街へやってきた。 長勝寺に続く道は禅林街とも呼ばれ、三十三の寺院がある。  長勝寺(ちょうしょうじ)は、青森県弘前市西茂森にある曹洞宗の寺院で、山号は太平山、本尊は釈迦如来である。  禅林街に入る所に黒門があった。写真は黒門を入ってから振…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1575 袋宮寺 報恩寺 白狐寺稲荷

2017年 7月26日 袋宮寺 報恩寺 白狐寺稲荷  最勝院の近くを廻ってみた。  上の地図は上が東になっている。最勝院の南側に弘前高校があるので行ってみた。  県道28号線の弘高前信号から南へ校舎までの道が150mほど続く。  その道の右側に「鏡ヶ丘記念館」があった。 現地説明板より 『 鏡ヶ丘…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1574 最勝院(八坂神社)

2017年 7月26日 最勝院(八坂神社)  今日は、弘前の市街地を廻ってみる。  まず、五重塔があるという最勝院(弘前市大字銅屋町)へ行ってみた。ただ、ここには元々「大円寺」があり、その大円寺が明治初年に大鰐町蔵館に移り、そのあとに弘前市田町の八幡宮の別当寺院であった最勝院がきたのだという。  従って、五重塔も大円…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1573 日照田高倉神社 と 白八幡宮

2017年 7月25日 日照田高倉神社 と 白八幡宮  種里城跡から鰺ヶ沢へ戻る途中で、日照田高倉神社に寄った。  この新しい白い鳥居を真っ直ぐに進んだ先に、赤い鳥居があり、そこから130段余りの石段を上ると日照田高倉神社がある。  赤石川が造った谷は、見事な水田が広がり、秋には豊かな実りをもたらすのであ…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1572 海の駅「わんど」(鰺ヶ沢相撲館) と 種里城跡

2017年 7月25日 海の駅「わんど」(鰺ヶ沢相撲館) と 種里城跡  種里城跡へ行くために、西津軽郡鰺ヶ沢町へやって来た。  少し遅い昼食を海の駅「わんど」でとった。二階が鰺ヶ沢相撲館になっていたので、見学した後、昼食にした。  ここは「舞の海」の故郷らしい。ビデオで技のデパート舞の海の取り組みが流されて…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1571 大浦城跡 と 橋雲寺

2017年7月25日 大浦城跡 と 橋雲寺  岩木山神社から県道3号線を東に走り、大浦城跡までやってきた。津軽中学校の敷地は、旧大浦城の郭内になるという。 現地説明板より 『 大浦城跡  大浦城は文亀2年(1502)津軽氏の始祖、種里城(現在、鰺ヶ沢町)の城主大浦光信が築き、その子盛信をおいて、津軽進出の拠…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1570 求聞寺(虚空蔵堂) と 森山

2017年 7月25日 求聞寺(虚空蔵堂) と 森山  岩木山神社を参拝した後、少し周辺を廻ってみることにした。  すぐ近くに求聞寺(ぐもんじ)があったので行ってみた。  途中に水子供養の納骨堂のようなものがあり、観音像があった。これはあるいは虚空蔵菩薩であるのかもしれない。観音像の下は示現堂といい、土石流…
コメント:2

続きを読むread more

旅 1569 岩木山神社 (いわきやまじんじゃ)

2017年 7月25日 岩木山神社 (いわきやまじんじゃ)  高照神社の後に、弘前市大字百沢字寺沢にある岩木山神社へやって来た。  一の鳥居からは、正面に岩木山の三つの頂がはっきり見える。  頂上部分を拡大してみる。  山頂は、中央に岩木山、左に鳥海山、右に岩鬼山の3つの峰が「山」の字を形成して…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1568 高照神社

2017年 7月25日 高照神社  青森県の旅でのメインは、三内丸山遺跡と恐山と岩木山神社であったが、既に三内丸山遺跡と恐山は訪れた。今日は岩木山神社へ行く予定にしたが、その前に高照神社(弘前市大字高岡字神馬野)へ寄ることにした。  一の鳥居と二の鳥居の間には、工事関係の車が何台も駐まっていた。  「高岡の森 弘…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1567 川倉地蔵 (青森県五所川原市金木町川倉七夕野)

2017年 7月24日 川倉地蔵 (青森県五所川原市金木町川倉七夕野)  芦野公園の東側にある川倉地蔵へやってきた。  山王鳥居のある扁額は山号であろうが、私には読めない。「川倉山」だというが、「洞窟山」のようにも見える。  山王鳥居だから神仏習合はありなのだろうが、左右に仁王が控えている鳥居を見るのは初めてである。…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1566 芦野公園

2017年 7月24日 芦野公園  斜陽館(太宰治記念館)のあとに、芦野公園に太宰の文学碑があるというので行ってみた。  芦野公園は、斜陽館から北へ徒歩約15分の距離にある。ここは藤枝溜池をとり入れた景勝の地で、800本近い桜と松が植えられ、桜が咲く時期には花見客で賑わうという。  今では藤枝溜池は洒落て「芦…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1565 斜陽館(太宰治記念館)

2017年 7月24日 斜陽館(太宰治記念館)  五所川原市金木町朝日山にある斜陽館(太宰治記念館)へやって来た。  青森ヘ来て、ぜひ斜陽館を訪れようとは思っていなかった。時間があったら訪れようと思った程度だが、結局来てしまった。私は特に太宰のファンというわけではない。  太宰治(本名・津島修治)は、旧制弘前高等学校…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1564 長円寺 と 高楯城跡

2017年 7月24日 長円寺 と 高楯城跡  巌鬼山神社や大石神社などを訪れた後に、そのまま県道30号線(岩木山環状線)を時計回りに回って岩木山神社へ行こうかとも考えたが、もう少し岩木山の北麓を旅してから岩木山信仰の本丸である岩木山神社へ行くことにした。  岩木山の北麓を回る県道30号線(岩木山環状線)をネックレス・ロードと…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1563 大石神社 と 赤倉霊場神社群

2017年 7月24日 大石神社 と 赤倉霊場神社群  巌鬼山神社(旧・十腰内観音堂)の次に、弘前市大森勝山にある大石神社(おおいしじんじゃ)へ行った。  十腰内にも縄文遺跡があるが、大森勝山にも縄文時代の後期から晩期にかけての遺跡があり、面積1.5アールに及ぶ大住居跡を中心に大集落があったとされる。さらに、その北東の砂沢…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1562 巌鬼山神社(がんきさんじんじゃ)

2017年 7月24日 巌鬼山神社(がんきさんじんじゃ)  鬼沢の鬼神社から弘前市十腰内猿沢の巌鬼山神社へ来た。ここは津軽三十三観音霊場の第五番札所で、明治6年(1873)に巌鬼山神社と改称されるまでは、本尊・十一面観音を奉り、巌鬼山西方寺観音院「十腰内観音堂」と呼ばれていた。旧村社で現在の祭神は大山祇神とされる。 …
コメント:0

続きを読むread more

旅 1561 義民 藤田民次郎の碑

2017年 7月25日 義民 藤田民次郎の碑  昨日、鬼神社を訪れたときに、自得小学校に義民・藤田民次郎の碑があるというので気になっていたので、今日(2017年7月25日)の夕方に寄ってみた。 現地碑文より 『 義民 藤田民次郎顕彰之碑  文化10年9月28日 天候不順による凶作に直面し 併せて松前警備による労役と…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1560 鬼神社

2017年 7月24日 鬼神社  板柳の海童神社の次に、岩木川の西岸に渡り、鬼神社(弘前市鬼沢字菖蒲沢)へやってきた。  岩木山の北麓一帯は、この山に対する古代からの信仰を知るうえで重要な地域だという。 (地図で、砂沢溜池にも赤○をしたのは、ここに弥生前期末とされる砂沢遺跡(水田遺跡)があるからだ。)  青森県に入…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1559 海童神社 (北津軽郡板柳町)

2017年 7月24日 海童神社 (北津軽郡板柳町)  藤崎にある唐糸御前史跡公園に寄った後、JR五能線に沿って国道339号線を五所川原方面へ北上した。  五所川原市を中心に北津軽郡の町村、西津軽郡の町村は「西北五地方」と呼ばれる地域である。  それより南にある藤崎は南津軽郡に属するように、「南」とあことから、岩木川流域…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1558 唐糸御前史跡公園

2017年 7月24日 唐糸御前史跡公園  昨日、清藤氏書院庭園で「唐糸の欅」を見たこともあり、朝一番に唐糸御前史跡公園(南津軽郡藤崎町大字藤崎字二本柳)に行くことにした。  リンゴ畑の向こうに、雲から頭を出す岩木山が見えた。 現地説明板より 『 唐糸御前の伝説  唐糸御前は、鎌倉時代、第5代執権・北条時頼の…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1557 清藤氏書院庭園 (国名勝文化財)

2017年 7月23日   清藤氏書院庭園 (国名勝文化財)  猿賀神社の東隣には国指定名勝の盛美園がある。もう夕方に近く閉園時刻もせまり、ゆっくり観る時間が無かったので入らなかったが、すぐそばにある清藤氏書院庭園は短時間で観られそうなので入った。両方、有料であるが、もちろん盛美園の方が高い。  盛美園には入らなか…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1156 神宮寺(猿賀神社旧別当)と 武山不動

2017年 7月23日 神宮寺(猿賀神社旧別当)  猿賀神社入口の大鳥居から次の赤鳥居までの間の参道の両脇には、かつては神宮寺の子院が並んでいた。今でも寺院らしきものがいくつもある。赤鳥居も以前は山門であり、そこを入った左側(西側)に神宮寺があった。  猿賀神社は藩政時代、「深砂大権現」と称せられる猿賀山長命院神宮寺が別当…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1555 猿賀神社

2017年 7月23日 猿賀神社  小栗山神社の後に、青森県平川市猿賀石林にある猿賀神社へ行った。  猿賀神社(さるがじんじゃ、さるかじんじゃ)は、807年(大同2年)に深砂宮(神蛇宮)として創始されたという。旧県社で、今は神社本庁の別表神社となっている。  この赤鳥居はかつては山門であったようだ。大鳥居からこ…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1554 小栗山神社 (青森県弘前市小栗山)

2017年 7月23日 小栗山神社 (青森県弘前市小栗山)  久渡寺から下り、弘前南部広域農道を東に走り、小栗山神社へやって来た。弘前南部広域農道はアップルロードと呼ばれ、周辺にはリンゴ畑が広がる。  私は長野県の生まれで、父は国鉄を退職した後、本格的にリンゴづくりを始めたので、リンゴ畑の風景は馴染みがある。  小栗山…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1153 久渡寺(くどじ)

2017年 7月23日 久渡寺(くどじ)  久渡寺の手前で白蛇神社に寄ったが、これは有意義な道草になった。  白蛇神社からは2kmほどで久渡寺に着いた。ここから200段余りの石段を上ることになる。  御詠歌が刻まれた碑があった。ここは津軽三十三観音霊場第1番札所である。 『 久渡寺 御詠歌  普陀落…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1152 白蛇神社 (弘前市坂元)

2017年 7月23日(日) 白蛇神社 (弘前市坂元)  青森県に入って4日目の夜は、道の駅「もりた」で泊まった。  朝起きて、弘前まで行けば早朝から開いている(あるいは24時間営業の)ファミレスがあるだろうと考え、弘前へ向かった。日曜日で通勤の車もなく、快走できるので移動にストレスはない。  現職のときに社会…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1151 高山稲荷神社

2017年 7月22日 高山稲荷神社  亀ヶ岡石器時代遺跡からつがる市牛潟町鷲野沢にある高山稲荷神社へやって来た。  県道12号線(十三道)から、日本海側に向かって高山稲荷神社まで約3kmの道(県道228号線)が延びている。この道に入って1kmほどの所に大鳥居があった。この道はまるで高山稲荷神社に行くためにある道…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1150 亀ヶ岡石器時代遺跡

2017年 7月22日 亀ヶ岡石器時代遺跡  田光沼のあと、亀ヶ岡石器時代遺跡へ行った。  亀ヶ岡石器時代遺跡は、青森県つがる市亀山地区・近江野沢地区・沢根地区にある縄文時代晩期の集落遺跡で、単に亀ヶ岡遺跡とも称される。  宇宙人のようだとも言われる有名な遮光器土偶が出土した遺跡として知られ、1944年(昭和19年)6月…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1149 田光沼 と 宗像神社

2017年 7月22日 田光沼 と 宗像神社  下北半島を2日、津軽半島を1日かけて廻ったが、たったそれだけの時間であるから、旅人は風のように通り過ぎただけで、全体を網羅することなどとてもできていない。  しかし、僅かであるが何となくこの本州最北の地の歴史的風土を感じることができた。  青森での旅のメインは「三内丸山…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1148 十三湖(じゅうさんこ)

2017年 7月22日 十三湖(じゅうさんこ)  道の駅「こどまり」で昼食を食べた後、国道339号線を南下した。    国道339号線は途中で左折して内陸部に向かうが、私は直進して県道12号線(十三道)へ入った。  私は、道の駅「こどまり」のある北津軽郡中泊町から南下して十三湖のある五所川原市に入ったので、中泊町を通り…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1147 小泊周辺

2017年 7月22日 小泊周辺  龍飛崎にある青函トンネル記念館から出て、国道339号線(龍泊ライン)を南下する。  道の駅「こどまり」まで走って、そこで昼食にするつもりだ。  走っている途中で、猿が轢かれて死んでいるのを見た。三浦半島でもタヌキや台湾リスが轢かれているのを見ることはあるが、さすがに猿が轢かれて…
コメント:0

続きを読むread more

旅 1146 青函トンネル入口公園 と 青函トンネル記念館

2017年 7月22日 青函トンネル入口公園 と 青函トンネル記念館  義経寺へ行く前に、「青函トンネル入口公園」に寄った。上の地図で分かるように、北海道新幹線は龍飛崎よりもかなり前でトンネルに入る。今、そのトンネルの入口に公園ができている。鉄道マニアが訪れるようだ。 現地説明板より 『 由…
コメント:0

続きを読むread more