テーマ:歴史

旅 964 石清尾山古墳群(いわせおやまこふんぐん)

2016年 11月1日 石清尾山古墳群(いわせおやまこふんぐん)  峰山公園は高松市街地の中心より南西約2.5kmの石清尾山(232m)にあり、付近には石清尾山古墳群がある。石清尾山の西には香東川が流れ瀬戸内海に注いでいる。  石清尾山の南東麓には石清尾八幡神社があるが、918年(延喜19年)に亀尾山の山頂に石清水八幡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 963 落合神社 と 3つの川上神社

2016年 11月1日 落合神社 と 3つの川上神社  香東川にある童洞淵を訪れた後、綾川と土器川の上流も訪れてみた。  童洞淵から国道377号線を西に走り、途中で左折して県道39号線に入り少し走ると川上神社があったので寄った。  鎮座地は、綾歌郡綾川町枌所東1181らしい。ここは旧・綾上町で、2006年に綾南町と合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 962 童洞淵(どうどうのふち)

2016年 11月1日 童洞淵(どうどうのふち)  香東川の上流へ行ってみた。  昨日訪れた田村神社、法然寺、冠纓神社、天福寺と、今日訪れた童洞淵、最明寺、白人神社の位置を地図で確認する。これらはみな香東川に沿っている。  香東川沿いに国道193号線を南下した。童洞淵の場所が分からず、その先まで行ってしまい、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 961 天福寺(香川県高松市)

2016年 10月31日 天福寺  冠纓神社に寄った後、今日最後の訪問地である天福寺に向かった。  香川県高松市香南町 岡 にある天福寺は、真言宗御室派の寺である。岡には岡氏の行成城や細川頼之が14世紀中ごろに建てた岡館があったと伝えられている。  天福寺は、細川・由佐・岡の各氏と縁が深く、天福寺絵図などによると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 960 冠纓神社(かんえいじんじゃ)

2016年 10月31日 冠纓神社(かんえいじんじゃ)  天福寺へ行こうと思い走っていると、冠纓神社があったので寄った。  冠纓神社(かんえいじんじゃ)は、香川県高松市香南町由佐 字三原にある神社で、別名は「かむろ八幡宮」で、香南町の氏神として親しまれ、縁結び神社としても知られる。 通称「冠御宮」とも言い、地元では「かむろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 959 拝師神社(はいしじんじゃ) 

2016年 10月31日 拝師神社(はいしじんじゃ)  高松市上林町にある拝師神社に寄った。道路の端に車を停めて、足早に参拝を済ませた。 現地説明板より 『 拝師神社(はいしじんじゃ)  勧請年月は不詳。昔、祭祀及び美術工芸を司っていた氏族である拝師族の氏神である。  永享2年(1430)上林城主 岡因幡守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 958 法然寺

2016年 10月31日 法然寺  滕神社のすぐ西にある法然寺へ行った。  法然寺(ほうねんじ)は、香川県高松市仏生山町字仏生山にある浄土宗の寺院で、正式名は、仏生山 来迎院 法然寺と号する。  本尊は法然作と伝わる阿弥陀如来立像で、法然上人二十五霊場第二番札所だという。  法然上人二十五霊場というものがあるのを知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 956 滕神社(ちぎりじんじゃ)

2016年 10月31日 滕神社(ちぎりじんじゃ)  カーナビに導かれて着いた所は裏側であるようで、邪魔にならない場所に車を駐めて、石段を上り境内に入った。  正面に回って、随神門から参拝することにした。  滕神社は香川県高松市仏生山町にある神社で、人柱伝説がある。 現地説明板より 『 滕神社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 955 田村神社 と 一宮寺(2)

2016年 10月31日 田村神社 と 一宮寺(2)  奥殿は二重構造で前方は本殿に接続していて、神座があり、その床下に「定水井」と呼ばれる深淵がある。この深淵を御神体とした神社であろう。この深淵には龍が棲み、覗いたものは絶命するとされて、開かれたことがない。  古来、讃岐は雨が少なく、古代から溜池が作られてきたが、当社付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 954 田村神社 と 一宮寺(1)

2016年10月31日 田村神社 と 一宮寺(1)  愛媛県から香川県へ移動した。  香川県高松市一宮町字宮東にある讃岐国一宮である田村神社にやってきた。  今は四国へは橋を渡り車で行けるので、今回の四国の旅は、徳島県鳴門市大麻町坂東広塚にある阿波国一宮である大麻比古神社より始まった。近くに四国第一番霊場の霊山寺があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 953 飯積神社(いいづみじんじゃ)

2016年 10月31日 飯積神社(いいづみじんじゃ)  風伯神社(西条市朔日市)から西条市下島山にある飯積神社にやってきた。旧郷社の飯積神社は地元では「おいづみさん」と呼ばれ親しまれているそうだ。 「西条まつり」は、特にことわらずに「西条祭り」という場合、祭礼の規模が一番大きい伊曽乃神社の祭礼を指す事が多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 952 風伯神社(ふうはくじんじゃ)

2016年 10月31日 風伯神社(ふうはくじんじゃ)  愛媛県西条市朔日市にある風伯神社へ行ってみた。通称を「天来風伯神」というらしい。  頂いたリーフレットには次のようにあった。 『 御祭神 村社 風伯神社    志那都比古神 志那都比売神 相殿 今磯野神社   豊受比売神 大山祇命 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

旅 951 伊曽乃神社(2)

2016年 10月31日 伊曽乃神社(2)  神木の大楠を挟んで伊曽乃神社の向かいに古茂理神社がある。 現地説明板より 『 古茂理(こもり)神社 祭神 木花之佐久夜毘賣命  大山津見神の娘で石長毘賣(いはながひめ)の妹、美人の神様にて神武天皇の御祖々母にあたられ後世安産育児の神として信仰あり  中野村(現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 950 伊曽乃神社(1)

2016年 10月31日 伊曽乃神社(1)  伊曽乃神社に来る直前に石鎚神社(本社)へ寄った。それは伊曽乃神社へ行こうと、国道11号線を走っていると石鎚神社の標示が出ていたので寄ってみることにしたのだ。一人の気ままな旅だからこそ、予定外な所にも寄れる。  伊曽乃神社は寄る予定であった。「西条まつり」で最大規模のだんじり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 949 石鎚神社(本社)

2016年 10月31日 石鎚神社(本社)  伊曽乃神社へ行こうと、国道11号線を走っていると石鎚神社の標示が出ていたので寄ってみることにした。  石鎚神社は、正式には石鎚山(1982m)の山頂にある頂上社(奥宮)、中腹の成就にある成就社(中宮)、西条市西田にある石鎚本社を総称したものだとされる。  しかし、本来は頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 948 伊予神社 (愛媛県伊予郡松前町神崎)

2016年 10月31日 伊予神社 (愛媛県伊予郡松前町神崎)    宇和から国道56号線を北上し、鳥坂トンネルを抜け大洲大橋で肱川を渡り愛媛県伊予郡松前町神崎までやって来た。  国道56号線(大洲街道)は渋滞もなく気持ちよく走れ、1時間20分ほどで宇和から松前町(まさきちょう)まで来ることができた。  ちょうど朝の登校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 947 宇和津彦神社 (西予市宇和町坂戸)

2016年 10月31日 宇和津彦神社 (西予市宇和町坂戸)  昨日、宇和島市野川にある宇和津彦神社を訪れた。その元宮が西予市宇和町坂戸にある宇和津彦神社らしいので行ってみた。  宇和島から国道56号線(宇和島街道)を北上し、吉田町を通過して法華津トンネルを抜けて宇和に入った。   旅ではクレジットカードで払った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 946 宇和津彦神社 (宇和島市野川)

2016年 10月30日(日) 宇和津彦神社 (宇和島市野川)  宇和津彦神社という社名の神社があったので行ってみた。宇和島や宇和の地名を冠する神社であるから興味があった。  現地説明板より 『 市指定 無形民俗文化財  八ツ鹿踊り  八ツ鹿踊りは、郷土芸能として、古くから宇和津彦神社の秋祭り(現在は10月29日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 945 和霊廟

2016年 10月30日 和霊廟  和霊神社の祭神である山家清兵衛公頼の墓が大隆寺にあるというので行ってみた。  途中に等覚寺があった。等覚寺と大隆寺には伊達家の墓がある。 現地説明板より 『 県・市指定史跡 宇和島藩主伊達家墓所  龍華山等覚寺  宇和島藩、初代藩主 伊達秀宗は天正19年(1591)戦国の雄、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 944 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(7)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(7) 6月2日(日)  南巨摩郡身延町下山にある南松院へ向かうために富士川沿いに国道52号線(富士川街道)を南下していると、“飯富”と信号機があったので、近くの駐車場に車を駐めて写真を撮った。  飯富は「いいとみ」と読むことが分かったが、恐らく古くは「おぶ」と読んだのではないだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 943 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(6)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(6) 6月2日(日)  下宮地まで下ってきて、神部神社に行った。  神部神社は式内社で旧郷社である。伝承によると垂仁天皇のとき大和三輪神社を勧請して創立したといわれる。以前は三輪明神といった。祭神は大物主命。  中世、武田・小笠原氏らの崇敬が篤かった。毎年3月2日、船祭とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 942 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(5)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(5) 6月1日(土)  若神子の国道141号線(佐久甲州街道)沿いに「すき家」があったので、そこで朝食を食べて、笛吹市春日居町鎮目(しずめ)にある山梨岡神社に向かった。  山梨岡神社の次には山梨市北にある窪八幡神社に行った。  窪八幡神社は2011年に旅を始めたとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 941 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(4)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(4) 5月26日(日)  最後に箱根神社に寄ってから家に帰った。頼朝は箱根権現と伊豆権現を崇拝したという。    箱根神社は前にバイクで訪れたことがある。今回は車で20分ほど並んでやっと駐車場へ入れた。箱根神社に着いたのは3時頃だったが、日曜日ということもあるのか外国人観光客も含…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 940 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(3)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(3) 5月25日(土)  身延町から大城川を遡って、安倍峠を越えて静岡県に入った。安倍峠の名でも分かるが、ここは安倍川の源流である。  安倍峠は標高1416mの静岡県と山梨県の県境に位置する。富士川水系の分水嶺にあたり、静岡市を流域とする一級河川「安倍川」の水源地でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 939  2019年 5月末~6月初めの旅 概要(2)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(2) 5月24日(金)  下部から国道52号線(富士川街道)へ出てから、富士川の支流である早川沿いに県道37号線(南アルプス公園線)を遡った。目的地は奈良田である。  南巨摩郡早川町は2014年に大雪のために孤立して、自衛隊のヘリコプターで不足物資を搬送したことが記憶に新しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 938 2019年 5月末~6月初めの旅 概要(1)

2019年 5月末~6月初めの旅 概要(1)  5月22日、23日に恒例のテニス合宿があり、修善寺へ行った。  当初の予定では合宿は21日、22日であったが、参加者の都合により一日ずらしたのが当たり、天気は上々であった。私も晴れ男だが、このテニスのグループには強力な晴れ男がいるようだ。  都合が悪く一日ずらすことを要求した当人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 937 和霊神社(われいじんじゃ)

2016年 10月30日 和霊神社(われいじんじゃ)   宇和島城の後、宇和島で気になる神社があるので行ってみた。  和霊神社は愛媛県宇和島市和霊町にある神社で、旧社格は県社。  この大鳥居についてパンフレットには次のようにあった。 『 日本一の石造りの大鳥居  和霊神社の社殿は、四国でも指折りの大社といわれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 936 宇和島城

2016年 10月30日 宇和島城  高知県宿毛市から国道56号線を北上し愛媛県宇和島市へやってきた。高知県には10月26日に入ったので、5日間滞在したことになるが充分とは言えない。だが、この四国の旅はトラブルが続いたので、計画を縮小させた。(具体的には松山市や金比羅宮などを断念した)  23日から続いた下痢は治まったが、27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 935 野中兼山遺族の墓

2016年 10月30日 野中兼山遺族の墓  宿毛市稲毛にある東福院(旧南泉院東福寺)に、野中兼山遺族の墓があるというので行ってみた。  宿毛には国指定史跡の「宿毛貝塚跡」がある。縄文後期の貝塚で、3000年前の壮年期の完全な女性人骨が出たことで有名である。   標柱には「山内(伊賀)家 野中兼山遺族 墓入口」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅 934 藤林寺 ・ 高知坐神社 ・ 高岡山古墳 ・ 平田曽我山古墳 (2)

2016年 10月30日 藤林寺 ・ 高知坐神社 ・ 高岡山古墳 ・ 平田曽我山古墳 (2)  さて、社名の高知を「たかち」と読むのは、大和国高市郡波多郷の「高市郡(たかいちぐん)」と関係するのではないかという説がある。ここには波多氏が祀る式内社の波多神社があり、祭神は事代主命である。これは高知坐神社の主祭神である都味歯八重事代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more